神戸の税理士:神戸の税理士事務所

神戸の【坂本税理士事務所】サイトマップ
神戸の【坂本税理士事務所】 ご契約までの流れ お問い合わせ お客様の声 料金表 事務所案内 トップページ お問い合わせ トップページ

神戸の坂本税理士事務所

神戸の税理士事務所 >

神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 事務所案内 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

代表プロフィール
事務所案内
税理士報酬

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 お役立ち 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

税理士の選び方
会社設立
法人税
確定申告
相続税
税金Q&A
税務調査Q&A
記帳Q&A
資金繰Q&A
経営計画

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 お問い合わせ 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

お問い合わせフォーム
よくある質問
メール出張相談

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 その他 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

お客様の声
リンク
プライバシーポリシー
HOME

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 求人情報 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

坂本税理士事務所
求人情報

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 代表プロフィール 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

税理士 坂本 和穂

○神戸や大阪の中小企業・個人事業者の経理・税務申告サポート
○社長個人の相続・節税対策

1975年3月神戸市生まれ。大学時代は京都で過ごす。大学卒業後、2つの会計事務所勤務を経て、2005年2月に独立。2006年年末、業務拡大のため神戸市東灘区から神戸市中央区へ事務所を移転。

>>さらに詳しいプロフィール

確定申告

確定申告でよく受ける相談などを簡単に説明しています。
確定申告について相談したい方はお気軽にどうぞ。
税理士報酬についても掲載しています。

大阪・神戸等で税理士事務所・会計事務所をお探しの方
 → 間違いのない税理士選びのポイントをお話します。

税理士報酬・顧問料に疑問・不満がある方
 → 税理士報酬・顧問料の基準・決め方やコストダウンの方法をお話します。

<個人事業主の確定申告>

  1. 青色申告とは?
  2. 青色申告は経理が大変?
  3. 青色申告は税金が有利?
  4. 身内への家賃
  5. 自宅兼事務所の場合の経費
  6. 個人事業主様の確定申告報酬

青色申告とは?

所得税を申告する場合、申告の方法には青色申告白色申告があります。
ただし、青色申告は誰でもできるわけではありません。
不動産所得、事業所得、山林所得がある方のみが青色申告も選択できるということになっています。

例えば
サラリーマンの方 → 給与所得になります
株式の売却益や売却損のある方 → 譲渡所得になります
サラリーマンの副業 → 通常は雑所得になります

上記のように分類されますので、以上に該当する方は青色申告をそもそも選択できないということになります。

商売をされているなど選択できる方でしたら、一般的にいって青色申告の方が白色申告よりも税金の負担が軽減されていますので、青色申告をおすすめします。
青色申告を選択する場合は、原則としてその年の3月15日までに、税務署に青色申告の届出をすれば、その提出年分の所得税の申告から青色申告で申告できます。
届出の書類は税務署に行けばもらえますし、国税庁のHPからダウンロードすることもできます。

>>このページのトップへ

青色申告は経理が大変?

青色申告を選択すると、きちんとした帳簿をつけなければなりません。
手書帳簿で記帳をしようとすれば、簿記の経験がない方ですとかなり大変です。
しかし、現在は簿記の経験がない方でも会計ソフトに慣れてしまえば、何とかなります。
それに会計ソフトは複式簿記による記帳になりますので、青色申告特別控除(次項目参照)の金額も大きくなり税金的にも有利です。

最初は大変ですが、会計ソフトは数万円で買えますし、青色申告を選択されるからには、是非ともチャレンジしてみてください。

>>このページのトップへ

青色申告は税金が有利?

青色申告を選択すると、税金計算上、いくつも特典があります
代表的なものをあげてみましょう。

1.青色申告特別控除の適用

青色申告を選択して、簡易な記帳を行えば、青色申告特別控除という10万円の控除が適用され、10万円分だけ経費が増えるような取扱いになります。
つまり青色申告特別控除は税金計算上の架空の経費のようなものです。
普通は経費というと、誰かに給料を払ったとか、何か物を買ったとか、なんらかの経済行為があるから経費が生じるわけです。
しかし、青色申告特別控除はそういう実際の取引とは別に、経費として認められているのです。

これが複式簿記による記帳になりますと、その控除額が65万円になります。
税金がかなり軽減されることになりますので、非常に有利な規定になっています。

2 青色事業専従者

所得税では、生計を一にする親族に対する給料が経費として認められていません。
配偶者や子供に実際に仕事を手伝ってもらい、その対価として給料を払っても、経費にはならないのです。
しかし、青色申告者の場合は税務署に青色事業専従者の届出をすることにより、それらの親族に対する給料の支払が経費として認められることになります。
ただし届出をしなければ経費として認められませんので、ご注意ください。

3 損失の繰越控除

個人事業を営んでいる方のある年の所得が赤字だったとします。
その赤字の年は所得税を納める必要はありませんが、翌年が黒字だった場合、その翌年は所得税を納めなければなりません。
しかし、青色申告者であれば、その翌年に所得税を納めなくてもよいか、納めるにしても税額が軽減されます。
それはある年の赤字を翌年以降3年間の黒字と相殺できるからで、これを損失の繰越控除といいます。
仮に1年目が100万円の赤字で、2年目が50万円の黒字であれば、2年間での損益はまだ赤字の方が大きいので、2年目も税負担はゼロになります。
この損失の繰越控除も青色申告にのみ認めれている制度です。

>>このページのトップへ

身内への家賃

所得税では生計を一にする親族へ支払う家賃等の支払は経費になりません
例えば両親と同居されていて、両親名義の家屋を借りていても、その家賃部分は経費にならないのです。
青色申告者の青色事業専従者給与だけは税務署へ届出をすることにより経費になりますが、それ以外の経費はすべて認められていません。
これは青色申告であるかどうかは関係がありません
例えば地代を払って父親の土地を借り、そこで商売をしているような場合も、その地代の支払はなかったものとみなされます。
生計が別であれば経費になるのですが、このあたりは厳格な規定になっています。

個人事業主の場合は、自分の家屋に対する家賃というものも当然認められていません。
自分で自分で家賃に払うというのは同一人のなかでお金が動いているだけなので経費ではないということになります。

>>このページのトップへ

自宅兼事務所の場合の経費

個人事業者の場合は事務所と自宅が兼用になっていることがよくあります。
こういった場合電話代や水道光熱費など、生活用と事業用の両方で使用しているものは、その使用割合で経費の額を求めます。
なかなか厳密な区分は難しいと思いますが、大体の額は推測できると思いますので、区分の仕方が明らかにおかしくなければ認められます。
そのあたりは常識的な判断ができればよい部分ですので、あまり考えすぎずに区分していただければよいと思います。

>>このページのトップへ

個人事業主様の確定申告報酬

■申告書作成料(事業所得及び不動産所得)

年取引金額 申告書作成報酬
1,000万円未満 31,500円
2,000万円未満 52,500円
4,000万円未満 73,500円
5,000万円未満 84,000円
6,000万円未満 94,500円
7,000万円未満 105,000円
8,000万円未満 115,500円
9,000万円未満 126,000円
1億円未満 136,500円
1億5,000万円未満 157,500円
2億円未満 210,000円
2億円以上 要相談

料金はすべて消費税込

(留意点)
・青色申告で65万円の特別控除を受けられる方は上記報酬に21,000円の加算が必要になります。
・医業(医師及び歯科医師)については年取引金額を3倍換算とします。
・事業所得の他に不動産所得等のある方は上記報酬に21,000円の加算が必要になります。
・年金所得のみ又は給与所得の還付の方は、一律15,750円となります。
・決算書作成及び譲渡計算において複雑なものは、それに応じて加算するものとします。

■記帳料(領収書・請求書の整理や入力ができていない場合)

年間仕訳数 月額記帳料
1,000未満 5,250円
2,000未満 10,500円
3,000未満 15,750円
4,000未満 21,000円
5,000未満 26,250円
6,000未満 31,500円
7,000未満 36,750円
8,000未満 42,000円
9,000未満 47,250円
10,000未満 52,500円
10,000以上 要相談

料金はすべて消費税込

■その他料金

消費税作成(原則課税) 31,500円
〃   (簡易課税) 21,000円
譲渡所得 31,500円
(上記金額に加算)
住宅取得控除 10,500円
(上記金額に加算)

料金はすべて消費税込

その他の税理士報酬規定はこちらをご参照ください。

>>このページのトップへ

お問い合わせはお気軽にどうぞ

当ページをご覧いただき、相談をしたいと思われた方は、
まずはお気軽に、ご遠慮なくお問い合わせください。
お電話、またはメールにてご連絡頂けます。  

神戸の坂本税理士事務所電話番号

「お電話ありがとうございます、坂本税理士事務所でございます」と電話に出ますので
「ホームページを見て、相談したいことがあるのですが」とお伝えください。  

メールでのお問い合わせ

下記「お問い合わせフォーム」からお願いします。

お問い合わせフォーム

  

ご相談、お問い合わせ、ご質問のある方は、下記フォームに必要事項を記入し、「送信」ボタンを1回だけ押して下さい。   

税理士事務所無料紹介
御社名

例:株式会社 坂本商会
御社名フリガナ
(全角)

例:カブシキガイシャ サカモトショウカイ
担当者・お名前
(全角) [入力必須]

例:税金 太郎
フリガナ(全角)
[入力必須]

例:ゼイキン タロウ
郵便番号(半角)

例:111 1111
都道府県
市区町村

例:神戸市中央区
住所(全角)

例:海岸通1丁目1−1
ビル名
(全角)

例:海岸通ビル 101号室
TEL(半角)
[入力必須]

例:078 111 1111
FAX(半角)

例:078 111 1112
メール
アドレス
(半角)
[入力必須]

(↓再度入力)

ご担当者様のメールアドレスを入力ください。
時間帯
(選択)
いつでも 9時から12時 12時から13時
13時から16時 16時から19時
ご連絡を差し上げる時間帯を全てご選択ください。
法人/個人
[選択必須]
法人  個人事業主  個人
年商
万円
例:3000万円
業務内容
法人・個人事業主の場合、業務内容をご記入ください。

例:卸売(食品)
ご相談内容
[選択必須]

顧問契約 決算 税務調査 会社設立/開業
融資指導 経営指導
その他:
複数該当する場合はすべてご選択ください。
その他の場合は具体的にお書きください。

最寄駅
路線名・最寄駅をご記入ください。

例:JR東海道線 摂津本山駅
その他
ご質問等ございましたらご記入ください。
アンケート
どちらから、このサイトをお知りになりましたか?

例:Googleから「税理士事務所」で検索
例:用語集からリンク

 

ご契約までの流れ

1、お電話またはメールにてご連絡ください。

神戸の坂本税理士事務所電話番号

「お電話ありがとうございます、坂本税理士事務所でございます」と電話に出ますので
「ホームページを見て、相談したいことがあるのですが」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

上記「お問い合わせフォーム」からお願いします。

2、現状の確認

 電話やメールで現在のお困りごとをお聞きして、ご希望される連絡手段にてご連絡させていただきます。

3、お見積り

弊所へのご依頼を検討されたい場合は、契約書のサンプルをお送りします。
なお、契約書はお客様と弊所が一部づつ保管するものとします。

4、契約

上記契約の内容をご確認の上署名押印いただきましたら、その時点で契約が成立となります。
なお、契約書はお客様と弊所が一部づつ保管するものとします。

5、業務開始

必要書類等の郵送、あるいはお客様への訪問日時の調整をして業務開始となります。

業務の流れについてご不明点などありましたら、お気軽にお尋ねください。