神戸の税理士:神戸の税理士事務所

神戸の【坂本税理士事務所】サイトマップ
神戸の【坂本税理士事務所】 ご契約までの流れ お問い合わせ お客様の声 料金表 事務所案内 トップページ お問い合わせ トップページ

神戸の坂本税理士事務所

神戸の税理士事務所 >

神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 事務所案内 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

代表プロフィール
事務所案内
税理士報酬

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 お役立ち 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

税理士の選び方
会社設立
法人税
確定申告
相続税
税金Q&A
税務調査Q&A
記帳Q&A
資金繰Q&A
経営計画

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 お問い合わせ 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

お問い合わせフォーム
よくある質問
メール出張相談

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 その他 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

お客様の声
リンク
プライバシーポリシー
HOME

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 求人情報 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

坂本税理士事務所
求人情報

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 代表プロフィール 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

税理士 坂本 和穂

○神戸や大阪の中小企業・個人事業者の経理・税務申告サポート
○社長個人の相続・節税対策

1975年3月神戸市生まれ。大学時代は京都で過ごす。大学卒業後、2つの会計事務所勤務を経て、2005年2月に独立。2006年年末、業務拡大のため神戸市東灘区から神戸市中央区へ事務所を移転。

>>さらに詳しいプロフィール

税理士報酬

税理士報酬は、どういう基準で決められているの?

税理士報酬でご不満やお悩みをもたれている方、ぜひご一読ください!

  1. 税理士報酬の基準とは?
  2. 弊所の税理士報酬についての考え方
  3. 弊所の税理士報酬(2ヶ月間の返金保証つき)

1.税理士報酬の基準とは?

あなたは上記のどれかに該当されるでしょうか?
思い当たるところがあるという方は、続きを読んでください。
そんなことは思っていないよ!という方は、時間の無駄だと思いますので、これ以上は読まないでください。

上記に該当する方でも
1、現在税理士とおつき合いのある方
2、これから税理士とのおつき合いを考えておられる方

ではお話したいことがちがいますので、それぞれの区分に従ってお読みください。

1、現在税理士とおつき合いのある方

最近税理士への不満や不安をよく聞きます。

応対するのは職員ばかり、税理士とは年に1回くらいしか会わない。
毎月けっこうな額を払っているが、記帳代行しかしてくれない。

税理士や税理士報酬にご不満があるという方は大きく二つに分かれるようです。

1−1 もっと税理士を活用したいという方。
1−2 今の依頼内容のまま税理士への報酬額を安くしたいという方。

ですので、さらにそれぞれの方に分けて説明を続けたいと思います。

1−1 もっと税理士を活用したいという方

このような不満を抱いておられる方は、おそらく下記のような方でしょう。

要するに、税理士の関与度合いが低いと感じておられるのではないでしょうか?
もっと何とかならないのかなあ、というお気持ちは非常によく分かります。
しかし、現状のままでは、あなたの不満が解消する可能性は非常に低いと思われます。
少し言いにくいことなのですが、おそらくあなたの会社は税理士からあまり重要視されていません。

どの税理士事務所にも税理士はいます。
事務所内で作業していることもありますが、所長税理士のいちばん大事な仕事は得意先を訪問することです。
そして、自分が重要だと思うお客さまのところには頻繁に顔を出しています。
会社のためにいろいろと資料も作成し、いろいろアドバイスをしてくれます。

結局税理士はお客さまをランク付けしています。
それは必ずしも紙に書かれていたり、資料として存在しているわけではありませんが、税理士は心の中ではしっかりお客さまを区分しています。
そしてランクが下がれば、当然ですが関与の仕方が粗雑になったり、疎遠になったりするのです。

報酬を払う側が、ウチはいい加減に扱ってもらってもいいと要求するでしょうか?
そんな人はいないと思います。

上記のような不満を解消するためにはどうすればいいでしょうか?
まずは税理士と交渉してみることです。
試算表を早く作ってくれ、所長はもっと訪問してくれないか、など、率直に話をしてみることです。
それでもダメなら、別の税理士を探すしかないでしょう。
もうちょっと我慢しよう、という方は別ですが。

1-2 今の依頼内容のまま税理士への報酬額を安くしたいという方

このような不満を抱いておられる方は、おそらく下記のような方でしょう。

上記のような不満も非常によく聞きます。
それは、多くの税理士が昔ながらの税理士報酬を請求しているからです。

昔ながらの税理士報酬とは何でしょうか?
それは税理士会が定めていた報酬規定に沿った報酬額です。
数年前までは税理士の団体が作成していた報酬規定があり、多くの税理士はその規定に従っていました。
つまり税理士業界は価格競争がない業界だったのです。

現在はその報酬規定はなくなっていますが、以前のままの報酬額を要求しているところはたくさんあります。
法人ならば最低月5万円から。
関与度合いも会社の支払能力も考慮することなく、そういう報酬の決め方をしてきたのです。

ただ現状では税理士報酬は自由競争になっています。
多くの税理士が報酬の見直しをしているのが現状です。
報酬額について交渉した場合、対応は2つに分かれるでしょう。
すぐに値下げしてくれるか、あるいはウチは値下げしない、それなら別の方に頼んでくれというか、です。
値下げできればそれでよし、できなければ別の方を探されたらいいと思います。
もうちょっと我慢しよう、という方は別ですが。

2、これから税理士とのおつき合いを考えておられる方

これから税理士とおつき合いしようという方は、複数の税理士とお話されることをおすすめします。
そこで報酬規定と提供してもらえる業務内容をよく確認してください。

そして、契約しようと思った場合は、契約書を作成するようにしてください。
契約書で業務内容を明記するというのが非常に大きなポイントになります。
最初が肝心ですので、納得のいくまで話し合いをしてください。

2.弊所の税理士報酬についての考え方

例えば3ヶ月に1回、行きつけのお店に食事にいくとします。
あなたはそのお店に毎月お金を支払うでしょうか?

おそらくそんな方はおられないと思います。
食事をしたからお金を払う、サービスの対価として報酬を支払う、それが普通の取引です。
ですが、税理士業界というのは、業務内容や担当者が誰であるかも関係なく報酬をいただいている業界です。
それは普通に考えれば、おかしなことではないでしょうか。
弊所はそういった税理士業界の常識は変なのではないかという疑問から出発し、そこを改革することでお客様に納得いただけるサービスの提供を目指しています。

具体的には弊所では、業務内容を細分化して、毎月の報酬額を変動させる報酬体系を採用しています。
月によっては報酬額ゼロ。
そういうお客様ももちろんおられます。
つまり関与度合により報酬を低くすることも可能ですし、予算と照らし合わせつつサービス内容を選択することもできるのです。
詳しくは、下記の報酬規定をご覧ください。

<お客様は誰に依頼しているのか>

弊所では訪問や電話での質問に対する回答など、お客様と直接やりとりする場面では可能な限り所長税理士が対応しています。

訪問するのは無資格の職員ばかり、所長は年に1回顔を出す程度。
税金や経営に関する相談をしても所長が不在がちだから、なかなか返事が返ってこない。
税理士に対するそういう不満を、非常によく聞きます。

弊所にも事務員はおりますが、お客様との対応は基本的には所長自身がさせていただいております。
お客様はあくまで税理士に依頼している、ということを念頭において業務に取り組んでおります。
ご依頼いただいたお客様との関係を大切にしていきたいと考えています。

契約していただけるお客様との約束ごと

契約に際しまして、弊所では、お客様と次のことを約束します。

なお当初は2ヶ月間の返金保証制度を導入させていただいております。
弊所のサービスにご満足いただけない場合は、無条件で2ヶ月分の税理士報酬をすべてお返しします
税理士との関わりは長期間に及ぶことが多いので、満足いただけない場合は、遠慮なくお断りいただければ結構です。
弊所に正式にご依頼いただくかは2ヶ月後に決定してください。

ただし、以下のような方は弊所への問い合わせはご遠慮願います。

なお税理士報酬について疑問のある方、見積もりをお願いしたいという方は、無料でお見積り等いたしますので、遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからどうぞ
>>税理士報酬のトップへ

ご利用の流れ

<弊所にご依頼いただいた場合の流れ>

お客様からのお問い合わせ
    ↓
希望される業務内容のヒアリング
    ↓
報酬のお見積り、契約書の作成
    ↓
関与開始(2ヶ月間返金保証つき)
    ↓
2ヶ月後に 関与打ち切り or 継続関与の決定

→ お問い合わせ・お見積もりはこちらからどうぞ
>>税理士報酬のトップへ

3 弊所の税理士報酬(2ヶ月間の返金保証つき)

税理士報酬(一年間の料金)は下記の項目の組み合わせにより決まります。
ご依頼される業務によって異なってきます。

報酬額が変わるポイントとしては
1)定期訪問の有無 2)記帳代行の有無 3)企業規模や利益額 などが挙げられます。

お見積は無料ですので、ご希望される場合は、お気軽にお問い合わせください。

1.中小企業&個人事業主向けサービスコース

区分 月額 決算料金 メール・
電話相談
訪問 税務調査
(1日分)
法人
シンプル
21,600〜
(10,800〜)
129,600〜 決算時 54,000〜
法人
シルバー
32,400〜
(21,600〜)

3〜4回
法人
プラチナ
54,000〜
(43,200〜)
毎月
法人
決算のみ
訪問時
21,600〜
  × 決算時
個人 32,400〜
(21,600〜)
54,000〜 随時
個人
確定申告のみ
訪問時
21,600〜
16,200〜 × 確定
申告時

料金は全て消費税込。

※1
HPサポート、売上増大フルサポートコースについてはこちらをご覧ください。

※2
カッコ内の料金は、記帳代行(お客様の会計処理を代行させていただくことです)のサービスがない場合の料金です。
お客様で記帳をされる場合は、カッコ内の料金になります。
また、記帳代行をお受けする場合は、伝票の枚数などにより金額が若干変動する場合があります。

※3
「決算料金」には決算作業や申告業務が含まれていますが、消費税の申告がある場合には、下記の料金が加算されます。

原則課税の場合 32,400円〜
簡易課税の場合 21,600円〜

決算料金につきましては難易度により、金額が若干変動する場合があります。
あらかじめご了承ください。

なお「決算料金」以外に別途報酬をいただく業務には下記のようなものがあります。

  1. 年末調整
    5名まで10,800円、以後1名増えるごとに5,400円を加算
  2. 資産の増減数が5を超える償却資産税の申告書 1回10,800円

>>税理士報酬のトップへ

2.その他のサービス

>>税理士報酬のトップへ

その他の留意点

  1. 上記は継続関与させていただくお客様に対する料金です。
      別途メール・出張相談も行っておりますので、ご参照ください。
  2. 創業時の方や資金繰が厳しい方には、報酬の割引を行っております。
  3. 報酬の支払方法は、お客様と相談の上決定させていただいております。
  4. 上記に定めのないサービスの対価につきましては、お客様と相談させていただいております。
  5. 税理士報酬に関する質問やお見積もりは随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

>>税理士報酬のトップへ


追伸

お問い合わせいただいた方に対するしつこい勧誘やメール送付等は一切いたしません

お気軽にお問い合わせやご質問をいただければと思っていますが、一度問い合わせたがために以後の勧誘等があればお問い合わせしづらいのではないかと思います。

そこでお問い合わせ後の勧誘等は一切しないことを約束いたします。

ご質問やお問い合わせに対する回答・説明は、しっかりさせていただきます。

最後になりましたが、皆様の事業がますますご発展されることを心よりお祈りしております。

税理士報酬 税理士報酬 税理士報酬 税理士報酬
坂本税理士事務所代表
 税理士
税理士報酬ページ署名

お問い合わせはお気軽にどうぞ

当ページをご覧いただき、相談をしたいと思われた方は、
まずはお気軽に、ご遠慮なくお問い合わせください。
お電話、またはメールにてご連絡頂けます。  

神戸の坂本税理士事務所電話番号

「お電話ありがとうございます、坂本税理士事務所でございます」と電話に出ますので
「ホームページを見て、相談したいことがあるのですが」とお伝えください。  

メールでのお問い合わせ

下記「お問い合わせフォーム」からお願いします。

お問い合わせフォーム

  

ご相談、お問い合わせ、ご質問のある方は、下記フォームに必要事項を記入し、「送信」ボタンを1回だけ押して下さい。   

税理士事務所無料紹介
御社名

例:株式会社 坂本商会
御社名フリガナ
(全角)

例:カブシキガイシャ サカモトショウカイ
担当者・お名前
(全角) [入力必須]

例:税金 太郎
フリガナ(全角)
[入力必須]

例:ゼイキン タロウ
郵便番号(半角)

例:111 1111
都道府県
市区町村

例:神戸市中央区
住所(全角)

例:海岸通1丁目1−1
ビル名
(全角)

例:海岸通ビル 101号室
TEL(半角)
[入力必須]

例:078 111 1111
FAX(半角)

例:078 111 1112
メール
アドレス
(半角)
[入力必須]

(↓再度入力)

ご担当者様のメールアドレスを入力ください。
時間帯
(選択)
いつでも 9時から12時 12時から13時
13時から16時 16時から19時
ご連絡を差し上げる時間帯を全てご選択ください。
法人/個人
[選択必須]
法人  個人事業主  個人
年商
万円
例:3000万円
業務内容
法人・個人事業主の場合、業務内容をご記入ください。

例:卸売(食品)
ご相談内容
[選択必須]

顧問契約 決算 税務調査 会社設立/開業
融資指導 経営指導
その他:
複数該当する場合はすべてご選択ください。
その他の場合は具体的にお書きください。

最寄駅
路線名・最寄駅をご記入ください。

例:JR東海道線 摂津本山駅
その他
ご質問等ございましたらご記入ください。
アンケート
どちらから、このサイトをお知りになりましたか?

例:Googleから「税理士事務所」で検索
例:用語集からリンク

 

ご契約までの流れ

1、お電話またはメールにてご連絡ください。

神戸の坂本税理士事務所電話番号

「お電話ありがとうございます、坂本税理士事務所でございます」と電話に出ますので
「ホームページを見て、相談したいことがあるのですが」とお伝えください。

メールでのお問い合わせ

上記「お問い合わせフォーム」からお願いします。

2、現状の確認

 電話やメールで現在のお困りごとをお聞きして、ご希望される連絡手段にてご連絡させていただきます。

3、お見積り

弊所へのご依頼を検討されたい場合は、契約書のサンプルをお送りします。
なお、契約書はお客様と弊所が一部づつ保管するものとします。

4、契約

上記契約の内容をご確認の上署名押印いただきましたら、その時点で契約が成立となります。
なお、契約書はお客様と弊所が一部づつ保管するものとします。

5、業務開始

必要書類等の郵送、あるいはお客様への訪問日時の調整をして業務開始となります。

業務の流れについてご不明点などありましたら、お気軽にお尋ねください。