神戸の税理士:神戸の税理士事務所

神戸の【坂本税理士事務所】サイトマップ
神戸の税理士事務所【坂本税理士事務所】 ご契約までの流れ お問い合わせ お客様の声 料金表 事務所案内 トップページ お問い合わせ トップページ

神戸の坂本税理士事務所

神戸の税理士事務所 >

神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 事務所案内 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

代表プロフィール
事務所案内
税理士報酬

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 お役立ち 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

税理士の選び方
会社設立
法人税
確定申告
相続税
税金Q&A
税務調査Q&A
記帳Q&A
資金繰Q&A
経営計画

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 お問い合わせ 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

お問い合わせフォーム
よくある質問
メール出張相談

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 その他 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

お客様の声
リンク
プライバシーポリシー
HOME

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 求人情報 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

坂本税理士事務所
求人情報

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 代表プロフィール 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

税理士 坂本 和穂

○神戸や大阪の中小企業・個人事業者の経理・税務申告サポート
○社長個人の相続・節税対策

1975年3月神戸市生まれ。大学時代は京都で過ごす。大学卒業後、2つの会計事務所勤務を経て、2005年2月に独立。2006年年末、業務拡大のため神戸市東灘区から神戸市中央区へ事務所を移転。

>>さらに詳しいプロフィール

>>ブログ

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 弊所提携先 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

アーク総合法務事務所

社労士・行政書士所属の新進気鋭の総合事務所です。
弊所と共同でパック顧問も受付しております。
税理士だけではなく、他士業も含め、総合的に御社をサポートします。

甲子園法務総合事務所

会社設立、NPO法人設立、介護事業の立ち上げ等に特化した事務所です。
特にNPO法人関係では関西屈指の実績があります。
絶対の自信を持っておすすめします。

大阪での会社設立は
SR経営総合サポート

電子認証による会社設立や助成金の活用、社会保険手続きなど。
大阪だけでなく、東京にも事務所があり、全国対応で活躍されています。
起業の際はこちらへご相談ください。

神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士 神戸の税理士 お知らせ 神戸の税理士
神戸の税理士
神戸の税理士

Valid XHTML 1.0 Transitional

譲渡所得

譲渡所得とは、資産の譲渡による所得をいいます。

譲渡所得とは、資産(財産)を譲渡したことによって生じる所得のことで、この場合の譲渡とは、「売買・交換・競売・公売・代物弁済・財産分与・収用・現物出資」などの有償譲渡だけでなく、「贈与」などの無償譲渡も含まれます。


<譲渡所得の対象となる資産>

・土地、借地権、建物、借家権
・株式等
・特定の公社債
・金地金、宝石
・書画、骨とう
・船舶
・機械器具
・ゴルフ会員権
・漁業権
・特許権
・著作権
・鉱業権

などです。

なお山林の譲渡は譲渡所得ではなく、「山林所得」または、「事業所得」「雑所得」となります。

<資産の「譲渡」とは>

譲渡とは、有償無償を問わず、所有資産を移転させる一切の行為をいいます。
通常の売買のほか、交換、競売、公売、代物弁済、財産分与、収用、法人に対する現物出資なども含まれます。
また、次の場合にも資産の譲渡があったものとして課税されます。

・法人に対して資産を贈与した場合や限定承認による相続などがあった場合
・地上権や賃借権、地役権を設定して権利金などを受け取った場合
・資産が消滅することによって補償金などを受け取った場合

<所得税の課税されない譲渡所得>

資産の譲渡による所得のうち、次の所得については課税されません。

・生活用動産の譲渡による所得
・強制換価手続により資産が競売などをされたことによる所得
・公社債等の譲渡による所得
・国等に対して財産を寄附した場合や、公益を目的とする事業を行う法人に対する財産の寄附で国税庁長官の承認を受けた場合の所得
・国等に対して重要文化財を譲渡した場合の所得
・財産を相続税の物納に充てた場合の所得

<譲渡所得以外の所得として課税されるもの>

資産の譲渡による所得であっても、次の所得は譲渡所得ではなく、事業所得や雑所得、山林所得として課税されます。

(1) 事業所得者が商品、製品、半製品、仕掛品、原材料などの棚卸資産を譲渡した場合の所得
 → 事業所得となります。

(2) 不動産所得や山林所得、雑所得を生ずる業務を行っている者がその業務に関して上記(1)の棚卸資産に準ずる資産を譲渡した場合の所得
 → 雑所得となります。

(3) 使用可能期間が1年未満の減価償却資産、取得価額が10万円未満である減価償却資産(業務の性質上基本的に重要なものを除きます。)、取得価額が20万円未満である減価償却資産で、取得の時に「一括償却資産の必要経費算入」の規定の適用を受けたもの(業務の性質上基本的に重要なものを除きます。)を譲渡した場合の所得
 → 事業所得又は雑所得となります。

(4) 山林を伐採して譲渡した場合又は立木のまま譲渡した場合の所得
 →  山林所得となります。しかし、山林を取得してから5年以内に伐採して譲渡したり立木のまま譲渡した場合の所得は、事業所得又は雑所得となります。

(5) (1)から(4)までの資産以外の資産を相当の期間にわたり、継続的に譲渡している場合の所得
 → 事業所得又は雑所得となります。

<課税方法>

譲渡所得は、譲渡資産の種類によって、次の表のように分離課税の対象になるものと、総合課税の対象になるものとに区分して課税されます。

分離課税─→ 譲渡所得金額についての税額を、事業所得や給与所得などの他の所得の金額とは区別し、租税特別措置法に規定された税率によって計算します。

総合課税─→ 譲渡所得の金額を事業所得や給与所得などの他の所得の金額と合計し、所得税法に規定された累進税率によって税額を計算します。

詳細は国税庁HPにてご確認ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3105.htm